残債務の関係

任意売却しようとしたときに残債務との関係が一つのキーワードではないでしょうか。
残債務をきれいにできるとなれば任意売却で債務を処理したほうがいいのですが。
残債務が残るような場合は簡単に任意売却して債務処理をするといことはできません。
残債務の処理の仕方をある程度の目安を持って行う必要があります。
そのうえで任意売却するか、それともりスケジュールを銀行と話し合うかの選択をすべきです。
場合によってはブラックリストの載ることを想定してでも競売で処理したほうがいい場合もあります。
銀行としてもできれば競売よりも任意売却で処理したいと思っています、その方が銀行としてもコストを使わなくてもいいからです。
ほとんどの場合競売であろうが任意売却であっても残債務は残るというケースがほとんどです。
まずは銀行と話し合って任意売却をすべきです。
一定の価格で処理できれば、その残債務は免除ということも十分ありますし、りスケジュールでがんばってみるということもあるでしょう。
いずれにしても銀行とよく話し合うことです。

手詰まりになる前の任意売却

世の中不況が続き、給料が大幅にカットされる人や、職を失う人が多いと聞きます。
となると、住宅ローンで困る人もたくさん出てくるのではないでしょうか?30年とか35年とか、安定して給料がもらえることを前提にしたものなので、給料が無くなったり、大幅に減ったりすると、支払いが困難になります。
支払いが困難になり、滞納することが続くと、その自宅を手放すしかなくなってしまいます。
通常、住宅ローンを組む際には、その購入する物件に金融機関が抵当権を設定し、購入者に融資をします。
要は、その自宅を担保に取っている、と言うわけです。
この抵当権が厄介で、抵当権を解除してもらおうと思ったら、残額を全て支払わなくてはいけません。
なので、売りたくても売れない状況になる、というわけです。
そうなってくると、最終的に自宅が競売に掛けられ、相場よりもはるかに安い金額で売却されてしまうことにもなり兼ねません。
そうなる前に打つ手が任意売却です。
これは、事前に金融機関の了承を得て、抵当権を外してもらって、売却する、ということなのですが、通常よりは安く売られますが、競売に比べると、高く売ることが出来ます。
ですから、住宅ローンの返済で手詰まりになる前に、任意売却と言う手段を検討するのもいいんじゃないかと思います。