競売

住宅を購入するときは、長期にわたりローンを支払っていくことが多いですが、その長期間の間にはどんなことが起こるかわからず、しっかり計画を立てていたつもりなのに住宅ローンの返済が滞ってしまうということは珍しいことではありません。
そして支払いが不可能になった物件は融資をしている金融機関が抵当に入っている物件を競売にかけて処分するということが一般的です。
でも、この方法では物件は市場価格よりかなり安く買われてしまいますので、債務者は家を手放してもまだ多くの債務を支払い続けないといけないですし、債権者からしても、競売は費用や手間がかかること、そのわりに回収額が少ないということもあり、最近は任意売却を選ぶことが増えています。
任意売却は債務者が債権者の了解を得て、自分の意思で不動産を処分する方法ですが、通常の不動産取引のように取引が行えますし、市場価格に近い価格で売却できますので、債務者も残債を少なくできますし、債権者もより多くの金額を回収できるので、どちらにもメリットがある方法です。

任意売却の有利性

マイホームを持っている方は、不動産を購入する際、ほとんどの人は金融機関にローンを組んで購入しているかと思います。
不動産は一般的に高額で、返済するのには数十年単位の時間をかけて返済する人が多いのではないでしょうか。
そのまま何事も無く返済が終了したら良いのですが、中にはリストラや仕事が見つからないなど様々な理由でどうしても全額返済が出来なくなってしまう人もいると思います。
そのような場合、不動産は金融機関によって競売などの処置を受け、最終的には処分されてしまうようです。
このようにローンが返せなくなった場合、できるだけ損をせずに対処する方法が任意売却です。
任意売却は差し押さえ物件を競売にかけられる前に申し立てをし、ローンをしている側と貸している側両方の合意があった場合に利用することが出来ます。
任意売却の利点は、競売と違い通常の市場で不動産を購入してもらえる人を探すことになるので、より多くの金額が回収できるため、返済が出来なくなった側にも引越しの際にある程度の金額が出たりすることもあるようです。
競売は立場的にも非常に不利なようなので、このような状況になった場合、できるだけ早く任意売却に持ちかけるのが得策でしょうね。